自動車保険の家族限定特約の落とし穴

自動車保険の一括見積もりで各保険会社の自動車保険を比較することは基本ですが、その前に見積もり比較の知識として、保険料を削減できる方法を知っておきましょう。

自動車保険は、運転する人を限定して保険料を安くすることが可能です。
これは運転者を限定してしまうことで、保険会社は事故を起こした際の保険料の支払いを抑制することに繋がります。
そのため、保険料を割引きしてもらえるという内容になっています。

運転する人の属性を限定する特約の一つに「家族限定特約」というものがあります。
たとえば、お父さんの車をお母さんや子供が運転していて事故を起こした場合にも保険が適用されるというものです。
ただし、家族以外の人が運転をして事故を起こした場合は保険が利かないので注意が必要です。

ちなみに「家族」とは、保険契約者(車の持ち主)、配偶者、同居親族、婚姻歴がない子が対象となります。

つまり、親の車でも“結婚している子供”が運転して事故を起こしたら、家族限定特約の保険では対象になりません。
血縁上は家族には変わりないんでしょうが、家族限定特約には、こういった落とし穴があるので注意をすることが必要です。

また、最近では家族限定特約のほかにも「夫婦限定特約」や「本人限定特約」、「子供特約」があります。
たとえば結婚していても、自分しか運転できる人がいない場合は本人限定特約、子供がまだ小さい夫婦には夫婦限定特約などといったように、ライフスタイルにあった限定特約を選ぶことで保険料を抑えることができます。

また、運転者を年齢条件で区分することも可能です。
保険会社によって異なる部分はありますが、基本的には「全年齢担保」「21歳以上補償」「26歳以上補償」「30歳以上補償」があります。
年齢区分によって保険料にも違いが出てきますが、全年齢担保であれば当然、保険料は一番高くなります。
年齢が若いほど保険料は高く、年齢が上がるごとに保険料が安くなります。

保険対象でない人が運転して事故を起こすと、全て実費になります。
自分のライフスタイルを見極めて、最適な方法で保険料を削減することを考えましょう。