万が一、事故にあった時の対応

自分のニーズに合った自動車保険を選ぶことができたら、その保険を使わないように安全運転をすることは大切です。
とはいえ、避けられない事故もありますよね。
そこで、事故に会ってしまった場合、自動車保険の使い方を覚えておくと、初めての事故でもスムーズに対応することが可能です。

まず、事故の大きさによっては保険を使わない方がお得な場合もあるということを覚えておきましょう。

保険には等級がありますが、この等級が高いほど保険料は安くなります。
等級は事故を起こしていない年数(=保険を使わない年数)が続くほど、等級は上がっていきます。
事故を起こして保険を適用させた場合は、今の等級から下がり、保険料が上がってしまうため注意しておいてください。

ただし、事故によっては階級が下がらない保険もあります。たとえば、火災・爆発・窓ガラス破損、盗難・落書き、自然災害による破損、人為的破壊などの場合は等級に影響はしません。

では、事故を起こしたときの対応手順を紹介します。

1.車を安全な場所へ移動する
事故を起こすとパニックになり、慌ててしまいます。これは誰にでも起こることですが、心を落ち着かせる他ありません。
とにかく冷静になり、事故車を邪魔にならない場所に移動して(移動できる状態なら)、他の人の為に道路を開けてください。

2.警察に連絡する
人身事故、対物事故に限らず警察に連絡します。
「事故を起こしてしまった」ということを伝えれば、あとは警察側がしてくる質問に答え、指示に従いましょう。
※もし、負傷者が出たら、まずは救急車を呼んでください。

事故を起こしたら警察に届けることは基本ですが、軽い接触程度で和解できるなら必ずしも警察を通す必要はありません。
また、相手によっては「警察には届けないでくれ」という人もいますが、この場合は後で言い逃れをする人もいますので警察に届けることをオススメします。
どんな事故でも警察に届けて「交通事故証明書」を発行してもらうとトラブルもなく解決できます。

3.保険会社に連絡する
保険を使う場合は、保険会社に連絡してください。
名前を名乗り、事故を起こしたことを伝えれば、後は保険会社の支持にしたがうだけです。

事故を起こした際に、対応の素早さや的確さで保険会社の信頼性が計れます。
納得いかない対応をされたら、次回の更新時には必ず保険を見直しましょう。